読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング講師藤井すぐるの「一度ぐしゃっと潰れたらいいんちゃう?」

教育コンサルタント藤井すぐるによるブログです。関西在住。

「社員をうつ病にする方法」ブログ書いた社労士

「社員うつにさせる方法」の社労士、会員権停止に
http://www.j-cast.com/2015/12/30254558.html

「社員をうつ病にする方法」ブログ書いた社労士、厚労省が調査へ
http://www.huffingtonpost.jp/2015/12/19/certified-social-insurance-labor-consultant_n_8844560.html?utm_hp_ref=japan
"社員うつにさせる方法"社労士が会員権停止、問題のブログ内容
http://news.line.me/issue/social/54e5a302b746?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_content=app&utm_campaign=none
これなんであかんの?

このブログによって被害を受けた方は確かに可哀想ですけど、これは
なぜ駄目なのでしょうか?

僕は「数学定期テスト必勝法」とか書いてますが、これと同じじゃないですか?
自分の経験を元に方法を考えて、書いただけ。
正しいと思う人もいれば、「定期テストにはその先生の過去問を解くんが一番だー!」って別の考えをする人もいます。
つまり、一般性がない、単なる主観です。

この社労士さんのブログも一緒じゃないでしょうか?
この人は「社員を鬱にさせる方法」を考えて書いただけ。(個人的には悪趣味やとは思いますが
この方法を実行して鬱になる人もいたら、ならない人もいる。実行する人もいたら、別の方法を行う人もいる。
なので、一般性はない。このブログ書いた人の単なる主観


主観を発信しただけ。その発信があかんってのいうは、
表現の自由に関わってこないですか?


「あかん」「不適切」と思うならば、見なければいいだけ
今のスマホ時代に大事なのは
「スルースキル」「ブロック」
今は情報が垂れ流しで入ってくる時代。入れたくない情報ならブロックしたり、無視したりして、自分に入れなければいいだけ。
僕もLINE NEWSのコラムとか基本見ない(スルースキル)ですし、こんなブログがあったことも知らなかった。知ってても見ない(ブロック)。


そもそも、部下を鬱にして何になるのでしょうか?
そんなことする時間なんて僕たちにはありません。
そんな暇があるなら、もっと働く、自分の仕事をしようよ。


こんなん書けば、「被害者に同じこと言えるんかー!フジコフジコ!!」って言われるかもしれません。確かにこのブログに載ってる方法で鬱にさせられた人の家族は可哀想です。
でもその少数の意見を汲み取って、大きな「表現の自由」という自由を奪うのはどうなのでしょうか?
少数の被害者に目を向けたら最終的に感情論になる。
確かに可哀想です。でもそれとブログの規制は別の議論ではないでしょうか?
なんで、そんなに厳しく当たるの?

処分も厳しいよね。
身内には甘いのに
この厳しさはいろんな方々が見習って欲しいですねー
警察とか、教員とか

では。


メールアドレス:paper.thug.life.paper@gmail.com
Facebookhttps://m.facebook.com/s.agents.of.orange?ref=bookmarks
twitter:@thug_life_fujii