読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング講師藤井すぐるの「一度ぐしゃっと潰れたらいいんちゃう?」

教育コンサルタント藤井すぐるによるブログです。関西在住。

MAMORIOを開封してみた。

雑談
MAMORIOを開封してみた。
 
 
みなさん、MAMORIOというデバイス、アプリをご存知でしょうか?
MAMORIOとはこれです!!
 

f:id:thuglife0215:20160601020800j:plain

 
 

f:id:thuglife0215:20160601020842j:plain

 
 
MAMORIOはみんなのスマートフォンのネットワークとAIでなくしたモノをみつける世界最小のIoTデバイスです。
 
こんな風に書くとめっちゃかっこいいですが、簡単に言うとモノをなくしてもどこにあるかわかるデバイスです
この小さい板がBluetooth経由でスマホと同期、連携していて、手元から離れるとスマホに通知が送られ、紛失した場所も地図で確認することができます。
ぼくは小銭入れをよくなくすので、MAMORIOを購入しました。
これで小銭入れをなくすことはなくなりました。
 
 
今回はそんなMAMORIOの開封の儀について書きます。
 
箱はこんな名刺ぐらいのサイズとなっています。

f:id:thuglife0215:20160601020941j:plain

 
開けてみるとこんな感じです。

f:id:thuglife0215:20160601021011j:plain

 
薄さはこれぐらいです。

f:id:thuglife0215:20160601021035j:plain

 
 
アプリを起動するとこんな風に登録をします。
 

f:id:thuglife0215:20160601021052p:plain

 
置いて登録するのは新しいですね。
10秒ほど経つとこんな画面に変わります。

f:id:thuglife0215:20160601021118p:plain

 
選択をすると

f:id:thuglife0215:20160601021145p:plain

 
と名前などを登録できるみたいですね。
 
 
これ小学生のランドセルとかにつけておけば、いつでもどこにいるかわかるので、親御さんにはいいんじゃないでしょうか?
塾が行っている位置情報カードのようなものの代わりにもなります。
あれはカードをピッとすると、メールが届くシステムなのですが、LINEだったらまだしも、今時毎回毎回メールで通知が来るのはうざいでしょう。
同じ役割で無駄な作業もなく、コンパクトなので、これはオススメです。
 
 
では