アクティブラーニング講師藤井すぐるの「一度ぐしゃっと潰れたらいいんちゃう?」

教育コンサルタント藤井すぐるによるブログです。関西在住。

上野樹里がトライセラトップス和田唱と結婚 「皆様、私は幸せです!」

上野樹里トライセラトップス和田唱と結婚 「皆様、私は幸せです!」

 
結婚っていう文化は溶けます。
もう溶け始めてますよね。
男性のニーズと女性のニーズがかみ合っていないんですよ。
婚活についての記事を見るとよくわかります。
 
 

f:id:thuglife0215:20160527160511j:plain

 
去年2015年の婚姻件数は635000で、過去最低でした。
おそらく今年はもっと減るでしょう。
 
 

f:id:thuglife0215:20160527160606j:plain

 

f:id:thuglife0215:20160527160555p:plain

 
 
上の二つの円グラフを見てもわかるように、ニーズがかみ合っていないです。
またこれからは給料なんて上がりません。
人口ピラミッドを考えたらわかりますよね。
ですので、これまで通りの働き方でこの年収のニーズを満たすことはありません。
このことに気づいている人はもう動いています。キャッシュポイントを増やしていることでしょう。
 
 
日本とアメリカでは結婚することに対する価値観が全然異なります。
日本「お金が貯まったから結婚しよう!!」
アメリカ「お互いお金ないから結婚するか!!」
 
 
そもそも1人の人が1人の相手としか一緒にいたらあかんっていう「真の合理的な理由」ってあるのでしょうか?
ダルビッシュクラスの成功者であっても、1人の女性しか幸せにできないのでしょうか?
 

f:id:thuglife0215:20160527160854j:plain

 
ぼくはそんなことはないと思います。
結婚や家族形成にはどうしてもお金の問題が生じますが、ダルビッシュならばお金の問題はないでしょう。複数の女性と家族を形成しても(一夫多妻)経済的には問題ありません。(むしろ経済的には恵まれることになるでしょう。)
強い遺伝子が種を多く残そうとするのは自然の摂理です。
強い遺伝子を持つ人(世間的に見て成功者だと思われるような人)が、たくさんの人と同時に恋愛関係を結ぶことが何で問題なんでしょうか?
ダルビッシュには多くの遺伝子を残してもらった方が、人類的にもいいでしょう。
 
 
家族という社会形成は、世界に140種ぐらいあると言われていて、多様な夫婦関係を結ぶ方が、人類学的にはメジャーです。
民主主義の多数決の原理によったら一夫一妻制の方が少数派になるかもしれません。
1人の異性と結婚して、家族を築くという古典的な家族観は崩れ出しています。
今の高度に進んだネット社会では、古典的な家族観では不便になりました。
ユーザーの時間の奪い合いが進む中で、「結婚」ということに対して時間を投資したいという人は少なくなってきています。
恋愛結婚して子どもを育てる、旧来の常識に則った家族モデルでは、国民国家を維持できなくなってきています。
 
 
今後は事実婚の割合は増えるでしょう。
夫婦別姓が認められないのもナンセンスです。
変化を嫌っているだけでしょう。
変わることを恐れずにどんどん楽しみましょう。
 
では

 

 

LINE@:

f:id:thuglife0215:20160524041824j:plain