読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング講師藤井すぐるの「一度ぐしゃっと潰れたらいいんちゃう?」

教育コンサルタント藤井すぐるによるブログです。関西在住。

社畜JKが学校で「納得出来ない」と感じたこと 「なぜ黒板を写メで撮ってはいけないの?」

社畜JKが学校で「納得出来ない」と感じたこと 「なぜ黒板を写メで撮ってはいけないの?」
 
昨日こんな記事を見つけました。
内容をざっくりまとめると、
 
勉強スタイルは人それぞれなのに、なぜ全員ノートを取らなければいけないのか。
「意見をはっきり言え」と言うくせにはっきり言えば怒られる。
服装なんて個人の自由。
黒板は写メで記録する方が、メリットが大きい。
「ダメなものはダメ」という理由。
学校なんて行きたい人だけ行けばいい。

 

という内容です。
 
 
まさに正論です。
ぼくは予備校で、ぼくの授業であれば、何をしてもいいと言っています。
「授業中に、何か飲んでもいいし、別にガムを噛んでもいい。なんなら、弁当を食ってもいい」
「ノートはとりたかったら、取ればいい。写メを撮っても全然オッケー」
「授業が簡単すぎるとか、面白くない。自分にとって必要ないと思うのであれば、ツムツムをしてもいい」
と。
しかし、その後「でも、ぼくは止まりませんから、わからないと言っても知りません」と釘を刺しています。
 
 
これは予備校だからできることです。
学校ではこうは言えません。
学校では「ノートをとりなさい」と言わなければなりません。
しかし、ぼくにはノートを取らなければいけない真の合理的な理由が見つかりません。
だからぼくは「ノートをとりなさい」なんて言いません。(言えません)
 
 
ノートを取る真の目的は、「覚えるため」にあります。
覚えるための最適な方法が書くことだと考えられているから、みんな書くように言います。
小学生ならば、字をちゃんと書けるようになるため、ペンをちゃんと持てるようになるためという目的の下でノートを取らせることを強いるのはわかりますが、中学生以降になると、強いる必要はありません。こういったところが軍隊みたいです。

f:id:thuglife0215:20160226181748j:plain

 
なぜ覚える必要があるのか。
それはテストに出るから、入試に合格するために授業内容を覚える必要があるからです。
つまり入試のためです。
学習指導要領には高尚なことが書かれていますが、結局のところ、入試のためです。
ですので、入試や進学に対して興味がない生徒はノートを取る必要はありません。
必要なのは、進学しないと今の日本の普通像から離れてしまうので、そこから自分のことを認められるか、生きていくための方法を見出せるか、つまり正しい情報を入手できるかです。
 
 
 
また、学校や予備校の授業を見ていると「ノートを取ること」が目的になっている人が多い印象があります。
授業の目的は生徒に授業内容を理解させることにあり、決してノートを取ることではありません。
手段と目的が入れ替わっています。
 
本来
目的:授業内容を理解する。
手段:授業を聞く。授業に参加する。
 
現状
目的:ノートを取る。
手段:授業に参加する。
 
になっている気がします。
 
 
本来の目的に則るとこの記事のみちゃきさんの言う通り、写メの方がいいです。
大学に入るとほとんどが写メ、データの形でやりとりを行うことになるのに、それを大学生以下の学年で禁止する理由が見つかりません。
なんで、ノートを取らないとダメなんでしょう。
 
 
最近「なんで授業中にガムを噛んだらあかんの?」と聞かれました。
ここでぼくは2通りの意見を言いました。
先生としての意見
「あかんもんはあかん。授業中にガムを噛むことはあかんことやからあかん」
個人の意見
ぼくにはわからない。だから個人的にはガムを噛んでもいいと思う。でもあかんらしいし、そのあかん理由がわかる人に聞いて。ぼくもあかん理由はわからない。」
 
学校はこうした理不尽がまかり通る環境です。
この環境に慣れてしまった結果が、「企業は先生(医師、弁護士、教員)を雇ってはいけない」ということになったのではないでしょうか。
 

f:id:thuglife0215:20160226181810j:plain

 
では
 
 
 
また近々書こうと思っている内容なのですが、「灘中に受かるレベルの学力の生徒が小学校に行く必要はあるのか」と思い、知り合いの小学校の先生に尋ねました。
そうすると「行かなあかん。決まっているから」と言われて、教師という仕事の怖さを学びました。