読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング講師藤井すぐるの「一度ぐしゃっと潰れたらいいんちゃう?」

教育コンサルタント藤井すぐるによるブログです。関西在住。

シェアオフィスについて

みなさん、シェアオフィス・コワーキングスペースってご存知でしょうか?
ぼくはシェアオフィスのヘビーユーザーなのですが、まだまだ認知されていないので、「シェアオフィスってこんなんだよー」ということを今日は書きます。
f:id:thuglife0215:20160204222330j:plain
 
 

シェアオフィスとコワーキングスペースの違いってなにー?

 シェアオフィスとコワーキングスペースの明確な違いはありませんが、強いて言うのであれば、シェアオフィスは閉鎖的であり、コワーキングスペースは開放的です。(しかし、ここまで明確に区別をしているところは少ないです。)

具体的に言えば、シェアオフィスはメンバーや会員様しか利用できませんが、コワーキングスペースは飛び込み(ドロップイン)で使えるといったところでしょうか。
どちらもわかりやすく言えば、自習室やスタバのようなサードプレイスです。
 
 
何をするところなのー?
単純に言うと「場所の時間貸し」なので、シェアオフィスにいる間の過ごし方は自分次第です。
仕事をしている人もいれば、寝ている人もいますし、本を読んでいる人もいます。
喫茶店で仕事をしていると周りが騒々しかったり、お客さんが増えてくると「あのー席を空けていただいてよろしいでしょうかー?」と早よ出て行け圧をかけらええたりしますよね?
シェアオフィスですと、それがありません
コーヒーの注文がない代わりに、自分が買った時間分は好きに使えます。
また喫茶店と違い、ほとんどの人がもくもくと仕事をしていることが多いので、その雰囲気から自分も仕事に集中しやすいです。
 
 
メリットってなにー?
シェアオフィスのメリットは、オフィスを構える必要がないということです。
例えば、個人事業主として起業するには登記や住所登録が必要になります。そしてその住所登録をするオフィスが必要になります。
オフィスを構えるためには敷金礼金、電気や水道からコピー機やWiFiといったインフラ設備の投資、つまりお金が必要になります。
しかし、シェアオフィスは住所利用をできるところもあります。さらに、郵便受け取り口としての機能も行ってくれるところもあります。
インフラ費用をかけることなく、起業することができます。
(すべてのシェアオフィスでできるわけではなく、住所利用や登記で利用する場合のプランがあります。ないシェアオフィスもあります)
また、フリーランスの方やノマドワーカーが利用していることが多いので、新しい出会いのキッカケになるかもしれません。
起業を考えている人でなくても、仕事をするのにはいい環境です。
 
 
いくらかかるんー?
料金プランは月額会員とドロップインに分かれます。
月額会員はジムのように月々いくらで「何時から何時まで」「平日のみ」「休日のみ」などと様々なプランがあります。
ドロップインの場合は「2時間いくら」「1日1000円」とかになります。
ドロップインの利用ができないシェアオフィスもありますので、そこはHPを見て確認してください。
 
 
いっぱいあってどこに行けばいいのかわからーん
ぼくは関西で動き回ることが多いので、月会員にはなっておらず、いろいろなシェアオフィスを利用しています。
以下にぼくのオススメのシェアオフィスを載せておきます。
よかったら是非一度利用してみて下さい。
 
【コラボオフィス】

グランフロント大阪にあるレンタルオフィスです。ドロップインでの利用はできないですが、24時間利用可で、何よりも高級感があります。
すべての行いがかっこよくなります。

f:id:thuglife0215:20160204222437j:plain

 
 
【ブルータス】

ドロップイン2時間利用で500円。16時以降は1000円で22時まで利用できるリーズナブルなコワーキングスペースです。アットホームな雰囲気でスタッフの方々も親切です。
ボードゲームをしたり、人狼ゲームをしたりするイベントもあったりします。

f:id:thuglife0215:20160204222800j:plain

 

 

【小脇】
京都河原町にあるシェアオフィスです。
ドロップインだと1日利用で1000円です。静かで、落ち着いた雰囲気のあるシェアオフィスです。プログラマーでしょうか、いる人はだいたいみんなmacをパチパチやっています。

f:id:thuglife0215:20160204222646j:plain

 
 では