読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング講師藤井すぐるの「一度ぐしゃっと潰れたらいいんちゃう?」

教育コンサルタント藤井すぐるによるブログです。関西在住。

働かなくても毎月30万円もらえる所得保障制度導入の是非を決める国民投票がスイスで行われることに

働かなくても毎月30万円もらえる所得保障制度導入の是非を決める国民投票がスイスで行われることに 

http://gigazine.net/news/20160201-switzerland-national-wage/

 

f:id:thuglife0215:20160201230417j:plain

 

ついに来ました!! 

ベーシックインカムというのは、無条件での定額給付金制度です。フィンランドで世界初の導入が行われるかもと少し前にバズりました。 

つまり、働こうが働かまいが、無条件で2500スイスフラン(約30万円)を支給されるようになります。 

 

ぼくはベーシックインカムに賛成派で、日本もいずれは導入するしかないのではないかなーと思っています。(デフォルトするか、ベーシックインカムを導入するか) 

 

 

スイスの場合は 

  • 成人国民には月額2500スイスフラン(約30万円)、未成年者には月額625スイスフラン(約75000円)が支給される仕組みです。 
  • 制度に必要な費用の大半を税金によってまかなう予定で、既存の社会保障制度の一部を打ち切りにして、所得保障制度に一本化する予定。 
  • 所得保証制度でかかる費用の4分の1は、廃止される社会保証制度の費用から捻出する予定で、社会保証制度をシンプルに所得保障制度一本化する。 

 

年金や生活保護はなくなります。 

財源確保のために、公務員のクビを切ることになります。 

これで、「公務員=安定」なんてものはより幻想になったのではないでしょうか? 

  

ベーシックインカムの反対理由として多いのが 

「どうやって財源を確保するのか」 

「就労意欲がなくなる」 

ですが、前者に関しては上記の制度のシンプル化で、後者に関しては、「最低所得保障制度が導入されたら仕事を辞める」と答えた人はわずかに2%で、「状況次第で仕事を辞める可能性がある」と答えた人は8%だったそうで、就労意欲がなくなるとは考えられなかったそうです。 

 

日本ではまだまだ夢物語的な立ち位置ですが、導入すると財源確保のために 

  • 議員の利権現象(議員数や新幹線乗り放題サービスのカットなど) 
  • 公務員のカット(役所のサービスの機械化) 
  • 官からの交付金のカット (地方交付税交付金など)

などが行われるのではないでしょうか? 

 

財政難のスイスだからこそ、導入のための国民投票でしょうが、成功して立ち直せると、ベーシックインカムを導入する国も増えてくるのではないでしょうか? 

今の公務員天国のような日本でも早く導入してもらいたいですねー!! 

 

では 

 

 

メールアドレス:paper.thug.life.paper@gmail.com
Facebookhttps://m.facebook.com/s.agents.of.orange?ref=bookmarks

twitter:@thug_life_fujii