読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング講師藤井すぐるの「一度ぐしゃっと潰れたらいいんちゃう?」

教育コンサルタント藤井すぐるによるブログです。関西在住。

「いい大学出れば、幸せになれる」小学生の78% 9年前より増加(調査結果)

教育
 
 
「いい大学出れば、幸せになれる」小学生の78% 9年前より増加(調査結果)
 

f:id:thuglife0215:20160201200042j:plain

 
これすごいよね。
過去に勤務していた塾で「〇〇大学ってすごいやん!すごいいいとこ就職してる人いっぱいいるし!!」って小学生に言われたことを思い出しました。(〇〇には関西で有名な私立大学の名前が入ります)
いいですか?
小学生からです。
自分は小学生のときには就職という言葉の意味もあまり知らなかった。
小学生すらも就職・大学進学を意識する時代になったということですね。
 
 
これはどこで得た知識なのでしょうか。
学校?家庭?メディア?
典型的な「いい高校に入って、いい大学に入って、いい企業に就職できれば幸せ」という
権威が当たり前だった時代から脱せていないということですね。
権威(マスメディア、上司、先生など)に従っていればよかった、「みんなと同じ」というレールの上を走っていればよかった時代は終わりました。
これもインターネットが作り出したグローバル化の一つです。
 
 
 
「学歴別」平均年収ランキング
東大631万円、早大548万円、お茶大452万円……

 f:id:thuglife0215:20160201200126j:plain

 
確かにこれを見ると「いい大学を卒業すると幸せになれる」と思ってしまうかもしれませんが、より具体的に言うと「有名大学を卒業すると平均年収が上がるかもしれない」ということです。
あくまでも「かもしれない」というレベルです。
平均年収が上がることが「幸せ」なのでしょうか。
しかも典型的な有名大学である旧帝國大学はトップ10に4校しか入っていません。
確かに有名大学を出た者の中には、平均年収より上の年収になる人もいるでしょう。
でも、そうでない人も当然います。
今は東大を出てもニートになる人がいる時代です。
 
 
個人の考えなので、こうした方がいいとかはありませんが
「幸せ=意味不明な安定という言葉」
「自分の幸せ=親の望むような幸せ」
となっていないかが心配です。
それは単なる思考停止であり、情報不足です。
 
 
「親より良い生活はできない」日本に求められる新しい人生観
30代男性の6割以上が「父親の若い頃より自分の地位は低い」と感じている
f:id:thuglife0215:20160201200141j:plain
 
なんでこうも悲観的なんでしょうか。
未来は今よりもずっと素晴らしくなると思いませんか?
こうしたネガティブな思いが、「安定」というありもしない幻想を膨らませているのではないでしょうか?またその「安定」を押し付けられていないでしょうか?
ネガティブになるのは情報不足だからです。
ぼくは本気で未来は良くなると思っています。
テクノロジーの進歩が、ぼくたちの生活をより豊かなものにしてくれると思っています。
車は自動運転になるし、今にはない仕事の形も出てくるでしょう。
情報を所持することによって未来の予想がつきます。
未来の予想がつくことによって失敗のリスクを減らすことができます。
本当に今最も必要なのは情報です。
一度しかない自分の人生です。
「幸せ」の形を決めるのも自分です。
全力で楽しみましょう。
 
では