読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング講師藤井すぐるの「一度ぐしゃっと潰れたらいいんちゃう?」

教育コンサルタント藤井すぐるによるブログです。関西在住。

沖縄 小4男児自殺 両親「真相が知りたい」

沖縄 小4男児自殺 両親「真相が知りたい」
 
 
小4男児が自殺 直前にアンケートで助けを求めていた
 
 
小4か。
悲しい出来事ですね。
ここまで低年齢の生徒が自殺に至った要因にはメディアの影響も大きいのでしょうね。
連日、ニュースやワイドショーで小学生や中学生の自殺の話が流れると、いじめに対する対策、逃げ方として、自殺っていう選択肢が近しくなってしまっているのかもしれません。
 
 
つまり
何か大きなダメージを受けた
防衛の反応
  • 学校に行かない or 引きこもる
  • 誰かに相談する
 という選択肢だった状況で、
  • 自殺をする
という選択肢も入ってしまったのかもしれません。
 
 
生徒がSOSを出していても、学校は何もしない。「気づいていなかった」というのが現状。
学校の先生は毎日多忙な業務があるので(個人的にはITの活用でもっと業務をカットすることはできると思っているが)、
 
学校側は両親に「自殺を図るまでアンケートの内容に気づいていなかった」と説明しているという。(上記URLより引用)
 
ことしかできないのが、現状。
連日、学校の問題が取り上げられても、現状でこれ。
 
出身小学校「配慮が必要」と引き継ぎ 名古屋・中1自殺
「要支援」とわかっていても、何もしないのが現状です。
まずそのことがおかしいと思いましょう。
 
 
学校が行ういじめ対策なんてものははっきり言って
  • アンケート調査
  • 全校集会
  • 道徳教育
程度のものなんですよ。
はっきり言って
「こんなことは10年前から行なわれている」
 
 
問題が起きた。
対策をした。
それでも問題が起きた。
の繰り返し。
 
対策の仕方があかんって思いません??
いじめ問題はいじめの判別がつきにくい、ハラスメントやリベンジポルノ的な側面がありますが、現実、いじめによる自殺者の数も、いじめだと確認できた数も変わっていない。
増えてんのに、問題とわかってんのに、こんな古い方法しかとってへんって、思考停止だよね。
「辛いなら逃げればいい」「逃げれるなら逃げればいい」と先生が味方になって言うできではないでしょうか?
社会も変わったので、「不登校=悪」という空気感から脱しましょう。
 

f:id:thuglife0215:20160129233719p:plain

参照
 
 
 みなさん「STOPit」というアプリをご存知でしょうか?
これはアプリという形による、いじめ対策です。
これが成功する(いじめの件数が減る)かはわかりません。
上のような古い方法では結果が出ないから、生まれたサービスです。
現状の対策では不十分」だからこんなサービスが出てきました。
でも「新しい試み」であることは間違いないです。
問題意識を持って取り組むことはいいよね!!
少しでも、こんな悲しい出来事が減ることを期待しています。
 
では