読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング講師藤井すぐるの「一度ぐしゃっと潰れたらいいんちゃう?」

教育コンサルタント藤井すぐるによるブログです。関西在住。

ツイッターの使い方③

今日でツイッターの使い方は最終回です。
いやー意外と長くなりましたねー
自分が当たり前だと思っていることでも、テキスト化するとなかなか難しいですね。
こんな風に気づけたのもブログを始めたからですね。
是非皆さんも、アウトプットする習慣をつけましょう。面白いですよ。
 
今日は時間がなくてタイムラインの内容が全部追えないという方に、オススメの方法を書きます。
ぼくも仕事中はツイッターが見れないので、困っています。
ツイッターのためだけにApple Watchを買う予定です。Apple Watch2が出てからですが。早く出して下さい!!

f:id:thuglife0215:20160127183217j:plain

 

 
  • タイムラインが全部追えないよー
これはユーザーにとって共通の課題だと思いますが、まずは自分の時間の使い方を見つめ直しましょう。
そして自分の時間の中で少しでも時間があれば、情報を入れるようにしましょう。例えば、トイレの中や移動時間。
少しでも空き時間ができると、ここぞとばかりにスマホでニュースを見るようにしています。
そのことを「意識」するだけでも大きく変わります。(そうしてぼくはテレビを見る時間が無くなりました。テレビを見る時間は無駄だと思っています。
それでも、ツイートに書かれているリンク先の記事まですべてに目を通すことは難しいです。
ですので、自分が気になった記事はPocketに入れておきましょう。
 
Pocketというのは、保存したページのデータをあらかじめダウンロードさせておくことで、オフラインでもその記事を読むことができるようになるアプリです。
つまり「リンク先の記事をPocketに入れておいて、後からまとめて読む」ということができます。
ランチタイムといった少しの時間で、ツイッターのタイムラインのみをザッと流し見して、気になる記事はPocketに放り込んでおいて、後から読むという流れです。
Pocketの詳しい使い方は以下のリンク先を参照して下さい。
 
 
Pocketのダウンロードリンク
iso版
 
 
Pocketのイマイチなところは「長期的な保存場所としては不向き」というところです。
それはフォルダ分けといった機能がないので、単に積み上げられていくだけですので、管理がしにくいです。
「あ!あの記事が見たい!」と思った時にさっと出せない。スクロールしてその記事を「探す」という行動が必要になります。
ですので、Pocketに入れておいて、長期的に残しておきたい記事だったらその記事をEvernoteに保存しておきましょう。
 
 
Evernoteすべてを記憶させておくためのツールです。
情報の共有やリマインダー、ToDoリスト作成もできる汎用性の高いアプリケーションです。
Evernote アカウントに保存したすべての情報、ファイルは、自分が使っている全てのデバイスに自動同期されるため、Evernote をインストールしてあればスマートフォンタブレット、コンピュータや Web など、どこからでもノートの記録や閲覧、検索や編集ができます。
ちなみにぼくは年末にEvernoteのプレミアムからベーシック(無料)のプランにダウングレードしたところ、あっという間に上限に達してしまいました。
 
本当に利便性の高いアプリなので様々な使い方ができます。
詳しくは以下のリンクを参照して下さい。
 
 
つまりまとめると
  1. ツイッターを見る
  2. Pocketに放り込む
  3. Evernoteで保存
という流れです。
 
数学の勉強方法で例えると
  1. 問題を見る(ツイッターを見る)
  2. 問題を計算用紙上で解く(Pocketに放り込む)
  3. ノートに清書する(Evernoteで保存)
 ということになります。
 

f:id:thuglife0215:20160127184459p:plain

 
これで素敵なツイッターライフを送れるんじゃないでしょうか?
本当に今最も必要なのは情報です。
情報を所持することによって未来の予想がつきます。
未来の予想がつくことによって失敗のリスクを減らすことができます。
ツイッターは情報を収集するために最適なツールだと思いますので、是非活用して下さい。
 
では
 
 
 
メールアドレス:paper.thug.life.paper@gmail.com
Facebookhttps://m.facebook.com/s.agents.of.orange?ref=bookmarks
twitter:@thug_life_fujii