読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクティブラーニング講師藤井すぐるの「一度ぐしゃっと潰れたらいいんちゃう?」

教育コンサルタント藤井すぐるによるブログです。関西在住。

新制度の大学入試について③

教育
今回は「英語」「集団指導」について書きます。


「英語」の対策

これまで:「読む」「聞く」
これから:「書く」「話す」
 
中教審は今回の答申案で大学入学希望者学力評価テストの英語について「書く」「話す」を含めた英語力をバランスよく評価すると初めて明示した。
「書く」「話す」という要素を加点対象にするということ。
評価方法として記述式問題や面接などを例示し、外部試験の活用も検討課題に含めた。
想定しているのは外部資格検定の導入、あるいはそれに類する独自試験の作成。具体的には英検、TOEFLを指し、評価基準は「英検2級〜1級」「TOEFL iBT60点前後」(だと考えられている。)
(ちなみに英検準1級は7500語。従来の難関大学入試レベルの英検準2から2級は5000語。センター試験は4000語。学習指導要領では、中学校は1200語、高校は1800語で、合計3000語)
 
まとめると、日本人の英語は文法能力としては問題がないが、問題処理力(スピード)と語彙力がかなり不足だと考えられている。
これは現行の教育を変えたところで対策はできない。
その結果、多くの塾・予備校では抜本的な改革が必要になってくる。(オールイングリッシュに変える必要がある。ちなみに韓国の塾の主流は英語塾担っている)
 
 
 
 

集団指導塾の復権

文科省中教審が小学校から高校大学まで含めた学校教育の目的を「生きる力の育成」としている。
この「生きる力」というのは、豊かな人間性、健康・体力、確かな学力の3つ。
 
・豊かな人間性
自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心など、豊かな人間性
 
・健康・体力
たくましくいくるための健康や体力
 
・確かな学力
いかに社会が変化しようと、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力。これは学校での教科学習に直接関係する。
 
 
 
このうち大学入試に直接関わるのは「確かな学力」であり、これは
①基礎的な知識及び技能
②基礎的な知識及び技能を活用して課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力などの能力
③主体的に学習に取り組む態度(主体性、多様性、協働性)
 
 
これは新制度の大学入試と対応されている。
①基礎的な知識及び技能は、高等学校基礎学力テスト
②基礎的な知識及び技能を活用して課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力などの能力は、大学入学希望者学力評価テスト
③主体的に学習に取り組む態度(主体性、多様性、協働性)は、③各大学の個別選抜方法
 
新しい入試制度では仲間たちと議論を交わすことのできる集団指導の方が指導効率、学習効率が高い。
仲間たちから「気づかされる機会」の多い集団の方が効率的。
ここでいう集団指導は、先生が黒板に書いた映像をノートに写すという授業ではなく、学力別小集団でのゼミ形式の授業である。
大学入試が変われば、それに準じて高校入試、中学入試も変わっていく。同じような形に変わっていくのではないだろうか。
 
 
 
現小5から変わると言われている大学入試の新テスト、文科省の指針通りに変わるのであれば、学校の学習の在り方を根底から変えなければならなくなる。
評価方法がペーパーテストでなくなるので、大学受験を意識する高校だけでなく、小学校、中学校の学習の在り方も変わることになります。
新制度の入試は中学校での3年間、高校での3年間では、時間が足りません。
何名かの先生に尋ねましたが、そのことに対する危機感のある小学校・中学校の先生はいませんでした。

では
 
 

MAMORIOを開封してみた。

雑談
MAMORIOを開封してみた。
 
 
みなさん、MAMORIOというデバイス、アプリをご存知でしょうか?
MAMORIOとはこれです!!
 

f:id:thuglife0215:20160601020800j:plain

 
 

f:id:thuglife0215:20160601020842j:plain

 
 
MAMORIOはみんなのスマートフォンのネットワークとAIでなくしたモノをみつける世界最小のIoTデバイスです。
 
こんな風に書くとめっちゃかっこいいですが、簡単に言うとモノをなくしてもどこにあるかわかるデバイスです
この小さい板がBluetooth経由でスマホと同期、連携していて、手元から離れるとスマホに通知が送られ、紛失した場所も地図で確認することができます。
ぼくは小銭入れをよくなくすので、MAMORIOを購入しました。
これで小銭入れをなくすことはなくなりました。
 
 
今回はそんなMAMORIOの開封の儀について書きます。
 
箱はこんな名刺ぐらいのサイズとなっています。

f:id:thuglife0215:20160601020941j:plain

 
開けてみるとこんな感じです。

f:id:thuglife0215:20160601021011j:plain

 
薄さはこれぐらいです。

f:id:thuglife0215:20160601021035j:plain

 
 
アプリを起動するとこんな風に登録をします。
 

f:id:thuglife0215:20160601021052p:plain

 
置いて登録するのは新しいですね。
10秒ほど経つとこんな画面に変わります。

f:id:thuglife0215:20160601021118p:plain

 
選択をすると

f:id:thuglife0215:20160601021145p:plain

 
と名前などを登録できるみたいですね。
 
 
これ小学生のランドセルとかにつけておけば、いつでもどこにいるかわかるので、親御さんにはいいんじゃないでしょうか?
塾が行っている位置情報カードのようなものの代わりにもなります。
あれはカードをピッとすると、メールが届くシステムなのですが、LINEだったらまだしも、今時毎回毎回メールで通知が来るのはうざいでしょう。
同じ役割で無駄な作業もなく、コンパクトなので、これはオススメです。
 
 
では
 
 
 

サーカスで動物を用いるのは日本だけ??

自治ニュース

サーカスで動物を用いるのは日本だけ??

 

f:id:thuglife0215:20160601002655j:plain

 
 
予備校で生徒から「サーカスで動物を使うのは日本だけ」という話を聞いて、少し調べてみました。
 
 
サーカスでの動物の利用を禁止している国一覧
  • ヨーロッパ
 
  • 北米
 
アルゼンチン、ボリビア、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカエクアドルエルサルバドル、メキシコ、パナマパラグアイ、ペルー
 
オーストラリア
 
  • アジア
インド、イスラエル、台湾
 

  

パッと調べてこれだけ出てきました。
中国と韓国はまだ禁止していないみたいですね。想定内です。
日本「だけ」ではないですが、先進国ではほぼすべて、先進国でなくとも多くの国がサーカスで動物の利用を禁止しているそうです。
サーカスのでの動物利用禁止は世界的な流れみたいです。
 
 

そもそもサーカスに動物は必要なんでしょうか?

個人的には全く必要ないと思います。(ぼくは動物の悲しい様子を見るのが極端に苦手なので、たまにテレビでやっているチーターが鹿を狩るシーンとか見てられません。)
 
 
ぼくは過去に一度モンゴリアンサーカスを見に行きました。
ぼくのサーカスの記憶はこれしかないのですが、1台の自転車に20人ぐらいで乗ったり、人が人を投げ飛ばして綺麗に着地したりするのを見て「超クール!なんだこれ!?Σ(゚д゚lll)」となりました。
 

f:id:thuglife0215:20160601003123j:plain

 
今になって考えるとピエロが大玉に乗っているだけでも十分すごいですよね。
ですので、サーカスに動物ショーは必要条件だと思えません。
 
 

なぜ日本はサーカスでの動物の利用が禁止されていないのか。

おそらくバレていないからでしょう。
バレていないというのバズっていないという意味です。
例えば今でしたら、舛添さんの公務のあり方に関して盛り上がっていますし、「日本死ね」で保育士、保育園については盛り上がりました。
どんなキッカケでバズるかはわかりません。
日本死ね」のブログを書いた人は自分のブログでここまでバズるなんて思っていなかったでしょう。
これと同じようにサーカスの動物利用に関しても、まだ日の目を浴びていない、バズっていないから禁止されていないのだと思います。
何がキッカケでバズるかはわかりません。
一度バズったらあとは勝手に進みます。
もしかしたらこのブログがキッカケでバズることになるかもしれません。
 
 

最後に

上でも書いた通り、ぼくはサーカスでの動物利用に関しては反対派です。
「サーカス 動物」とかでぐぐってみて下さい。動物たちの悲しいエピソードやいたたまれない画像が出てきます。
みなさんはどう考えますか?
このブログがみなさんの考えるキッカケの一つになると幸いです。
 
 
では
 
 
 

新制度の大学入試について②

今回は新テストの種類や名称、内容や現時点で考えられる対策について書きます。
 
 

新テストの種類と名称

①高等学校基礎学力テスト…高校在籍時の学習達成度を測るもの
②大学入学希望者学力評価テスト…大学入試に向けたもの
 
 ・実施主体(団体)
大学入試センターを大幅に改組した機関。
 
 
またこの二つを突破した後に、各大学の個別検査が行われます。
つまりこれまでのセンター試験、二次試験という二段階選抜から、基礎学力テスト、学力評価テスト、二次試験という3段階選抜に変わります。(学校や進路によって課せられるテストが変わると言われています。)
この大学入学希望者学力評価テストが、本当に難しいです。
下の問題イメージを見ていただけるとわかると思いますが、これまでのセンター試験、二次試験の勉強では太刀打ちできない可能性が高いです。
 
 

f:id:thuglife0215:20160528224726j:plain

 

f:id:thuglife0215:20160528224757j:plain

 
 

高等学校基礎学力テストについて

2019年度から実施するが、大学入学者選抜に活用するのは2023年度から。(新小5から)
高2時点の成績は原則として大学入学者選抜に活用しない(高3の成績のみ活用)
2022年までは「国語総合」「数学1」「コミュニケーション英語」のみ。(英語は民間資格試験を採用する可能性大)
 
このへんはまだまだ曖昧な部分です。
現中2から変わると言われていますが、現中2世代(2020年度)が受けるときはまだ試運転段階で、活用するのは現小5世代(2023年度)と言われています。
ずれこむのでは?と言われており、段階的に移行していき、完全に切り替わるのを現小5世代にしたいのだと思います。
 
 

目的・活用方策

進学時や就職時に基礎学力の証明や把握の一方法として、その結果を大学などが用いることも可能に。
 
就職にまで影響を及ぼすのは大きいです。
高校の時の成績が今後の自分のキャリアにずっと影響を及ぼすようになるかもしれません。
「転職したいけど、高校のときの成績が悪いからできない。」
「あの会社に入りたいけど、高校のときの成績が悪いから入れない。」
ということが普通に生じるようになるのかもしれません。
(まだはっきりしていないので、あくまで「かもしれません」という領域です)
 
 

対象者

希望参加型
 
 

内容

実施当初は国語、数学、外国語、地理歴史、公民、理科を想定(選択受験も可)。
(当初「国語総合」「数学1」「世界史」「現代社会」「物理基礎」「コミュニケーション英語1」など高校の必修科目が想定されていたが、当面は「国語」「数学」「英語」の3教科)
学力の基礎となる知識・技能の質と量を確保する視点から特に「知識・技能」の習得状況を重視。成績を段階で表示。素点ではない。
英語は外部資格試験導入はほぼ確実。
 
 

回答方式

多肢選択方式が原則(記述式導入を目指す)
 
 

実施方法

高2、高3の在学中に複数回(年間2回程度)
年1回に変更。(調べる必要あり)
夏から秋にかけての2回。ただし、全国一斉に同一日程で実施することはしない。
試験時間は1科50〜60分
 
 

作問のイメージ

全国学力・学習状況調査のA問題(主に知識)、B問題(活用)の高校教育レベル
 
 

対策

現在と同じく、学校の予習復習と定期テスト対策をやれば十分だろう。(センター試験と同じイメージ)
 
 
 

大学入学希望者学力評価テストについて

目的・活用方策

大学教育を受けるために必要な能力について把握
「知識・技能の活用力」を中心に評価
 
 

対象者

大学入学希望者(社会人も可)
 
 

内容

「教科型」に加えて、教科・科目の枠を超えた知識・技能の活用力を評価するため「合教科・科目型」「総合型」の問題を組み合わせて出題、将来は「合教科・科目型」「総合型」のみ。成績を段階で表示。
最初:「合教科・科目型」「総合型」の問題を組み合わせ
慣れてくると:「合教科・科目型」「総合型」
成績は点数ではなく、ABCみたいな表現。
2023年度まではおそらくセンター試験と同一の設定。
2024年度に数学と理科の「合教科」や「情報」が新設。コンピューター利用のCBTに移行。
 
 

回答方式

多肢選択方式に加えて、記述式を導入
 
 

実施方法

複数回実施、特に英語は民間の資格・検定試験を活用(つまり、TOEFLtoeic、英検など)
他の教科・科目や、「合教科・科目型」「総合型」の問題についても、同等の扱い。(数検や数学オリンピックなど)
 
 

作問のイメージ

知識。技能を活用して、自ら課題を発見し、その解決に向けて探求し成果などを表現するための力を評価するPISA型の問題を想定。
 
 

対策

国学力学習状況調査のA問題、B問題との点数の相関関係からは、A問題ができていれば、B問題もできる。逆にA問題ができなければ、B問題はできない。
なので、「知識・技能」の習得指導に全力を向ければいい。「活用」は後から間に合う。(そうかなー?)
 
現在、日本には国立大学86校、公立大学89校、私立大学が604校、公立短大が18校、私立短大が328校(計1125校)あるが、私立大学のうち265校(46%)、短大の207校(65%)が定員割れを起こしている。
こうした推薦入試・AO入試が機能していない大学は「基礎学力テスト」と高校からの調査書で選抜を行うことになる。
8月末に文科省は国立大3分類の大学が発表された。(地域貢献型大学、特定分野型大学、世界水準型大学の3つに分類して、運営資金の配分を特徴づけようとする施策
世界水準型大学に指定されたのは、旧帝国大7校、筑波、千葉、東京農工、東工大、一橋、金沢、神戸、岡山、広島の16大学。つまりこの大学に入るには、アクティブラーニング型の指導が必要になる。
特定分野型大学は筑波技術、東京医科歯科、東京外国語、東京学芸東京芸大、東京海洋、お茶の水電通、奈良女、九工大、鹿屋体育、政策研究大学院大、総合研究大学院大、北陸先端科学大学院大、奈良先端科学技術大学院大の15校。
地域貢献型は残りの65校。
 
 

各大学の個別選抜方法について

これまでの一般入試、推薦入試、AO入試は廃止。
大学入学希望者学力評価テストの成績に加えて、小論文、面接、集団討論、プレゼンテーション、調査書、大学入学希望理由書や学修計画書、資格・検定などの成績、各種大会などでの活動や表彰の記録、その他これまでの努力を証明する資料などを活用し評価
各大学は、大学教育を通じて学生にどのような力を身につけさせるかか、そのためにどのような教育を実施するか、どのような学生を受け入れるのかという観点、明確なアドミッション・ポリシーを明示すること
 
 
 
最近いたるところで「アクティブラーニング」という言葉を目にします。
「アクティブラーニングさえしておけばオッケー!」のような印象すら受けてしまいます。
しかし、覚えていてください。
受験いおいて、アクティブラーニングで身につくと考えられている能力が要求されるのは、最後の各大学の個別選抜においてです。
高等学校基礎学力テストや大学入学希望者学力評価テストはこれまでと同じ知識を問う(言い換えれば偏差値型)のテストです。
ですので、これまでと同じ受験勉強は必要です。
大学入学希望者学力評価テストはセンター試験以上に難しいので、これまで以上に勉強する必要があります。
 
では
 
 

上野樹里がトライセラトップス和田唱と結婚 「皆様、私は幸せです!」

自治ニュース
上野樹里トライセラトップス和田唱と結婚 「皆様、私は幸せです!」

 
結婚っていう文化は溶けます。
もう溶け始めてますよね。
男性のニーズと女性のニーズがかみ合っていないんですよ。
婚活についての記事を見るとよくわかります。
 
 

f:id:thuglife0215:20160527160511j:plain

 
去年2015年の婚姻件数は635000で、過去最低でした。
おそらく今年はもっと減るでしょう。
 
 

f:id:thuglife0215:20160527160606j:plain

 

f:id:thuglife0215:20160527160555p:plain

 
 
上の二つの円グラフを見てもわかるように、ニーズがかみ合っていないです。
またこれからは給料なんて上がりません。
人口ピラミッドを考えたらわかりますよね。
ですので、これまで通りの働き方でこの年収のニーズを満たすことはありません。
このことに気づいている人はもう動いています。キャッシュポイントを増やしていることでしょう。
 
 
日本とアメリカでは結婚することに対する価値観が全然異なります。
日本「お金が貯まったから結婚しよう!!」
アメリカ「お互いお金ないから結婚するか!!」
 
 
そもそも1人の人が1人の相手としか一緒にいたらあかんっていう「真の合理的な理由」ってあるのでしょうか?
ダルビッシュクラスの成功者であっても、1人の女性しか幸せにできないのでしょうか?
 

f:id:thuglife0215:20160527160854j:plain

 
ぼくはそんなことはないと思います。
結婚や家族形成にはどうしてもお金の問題が生じますが、ダルビッシュならばお金の問題はないでしょう。複数の女性と家族を形成しても(一夫多妻)経済的には問題ありません。(むしろ経済的には恵まれることになるでしょう。)
強い遺伝子が種を多く残そうとするのは自然の摂理です。
強い遺伝子を持つ人(世間的に見て成功者だと思われるような人)が、たくさんの人と同時に恋愛関係を結ぶことが何で問題なんでしょうか?
ダルビッシュには多くの遺伝子を残してもらった方が、人類的にもいいでしょう。
 
 
家族という社会形成は、世界に140種ぐらいあると言われていて、多様な夫婦関係を結ぶ方が、人類学的にはメジャーです。
民主主義の多数決の原理によったら一夫一妻制の方が少数派になるかもしれません。
1人の異性と結婚して、家族を築くという古典的な家族観は崩れ出しています。
今の高度に進んだネット社会では、古典的な家族観では不便になりました。
ユーザーの時間の奪い合いが進む中で、「結婚」ということに対して時間を投資したいという人は少なくなってきています。
恋愛結婚して子どもを育てる、旧来の常識に則った家族モデルでは、国民国家を維持できなくなってきています。
 
 
今後は事実婚の割合は増えるでしょう。
夫婦別姓が認められないのもナンセンスです。
変化を嫌っているだけでしょう。
変わることを恐れずにどんどん楽しみましょう。
 
では

 

 

LINE@:

f:id:thuglife0215:20160524041824j:plain

生徒にLINE1600回は「ストーカー」になるか 「抱きしめ」や「マッサージ」はどう扱われる?

自治ニュース
生徒にLINE1600回は「ストーカー」になるか
「抱きしめ」や「マッサージ」はどう扱われる?


 
ストーカーという表現が適切かどうかはわからへんけど、とりあえずキモいよね。
個人に1600件送ったらしいけど、ぼくもLINE@を毎日続けていれば一年で365件届くことになるから、約5年で1600件になります。(まぁ今は無料アカウントの月1000件を使い切ったので、送れていませんが…)
でもこの人3か月で1600件も送ったみたいですね。凄まじいですね。
ということは
 
1600件 ÷ 90日 = 1日あたり18件
 
になります。
 
 
1日あたり18件ならば普通じゃないでしょうか?
中高生がスマホでする平均時間2、5時間みたいですので、毎日LINEする相手がいれば18件ぐらい簡単にいきそうです。
 

f:id:thuglife0215:20160526045010j:plain

 

f:id:thuglife0215:20160526045024j:plain

 
 
2,5時間の内訳は「動画」「SNS」「ゲーム」です。
学校はもっとスマホの使い方を伝えるべきではないでしょうか?
そもそも「動画」「SNS」「ゲーム」という生徒と同じ使い方しかしていない(できない)教員が大半というのが問題ではないでしょうか?
 
 
 
ここで問題となるのは
・相手の女子生徒は嫌だったのか?
・女子生徒はブロックしていいと知らなかったのか?
という2点です。
 
 

相手の女子生徒は嫌だったのか?

これに関してはこの記事ではわかりません。
抱きしめたり、マッサージさせることを女子生徒が容認している時点で強い嫌ではなかった印象はあります。
強い嫌だったら、LINEを交換することもなかったでしょうし、(部活の関係で半ば強制的にLINE交換したのかもしれませんが)マッサージされたところで本人から「嫌だった」と他の教員や友達にこぼしたのが伝わるでしょう。
しかし、相手が教師だったので、断ることができなかったという可能性もあります。
やはり、これだけの情報では全くわかりません。
 
 

女子生徒はブロックしていいと知らなかったのか?

今のスマホ時代、インターネットが高度に生活に入った今、大切なのは「ブロック」と「スルースキル」です。
自分にとって嫌な意見や相手はブロックして、自分の生活に入れなければいいですし、無視(スルースキル)してもいいです。
LINEのグループトークによるいじめ(仲間はずれ)はスルースキルで、他のグループに入ればいいです。
今は簡単に自分が面白いな、この人の話を聞いてみたいなと思う人の情報に簡単にたどり着けます。
SNSは危険だ!」「スマホは中学生が持つべきじゃない!」とか言うのではなく、スマホとどう付き合っていけばいいかを伝えるべきではないでしょうか。
 
 
 
以前に公立中学校で行われた携帯スマホの付き合い方みたいな時間に参加させていただいたのですが、登壇していた警察の方がスマホや今のネット時代のことをわかっていなかったです。
一番のIT対策は自分のITリテラシーをあげることです。
  
では
 
 

にしなり☆こども食堂に行ってきました

教育
にしなり☆こども食堂に行ってきました。

f:id:thuglife0215:20160525033925j:plain

 

 

f:id:thuglife0215:20160525034443j:plain

 
 
 

こども食堂とは

こども食堂とは「こどもの貧困問題を解消するために、ご飯を格安(300円程度)か無料で提供する場」です。
ぼくが参加したにしなり☆こども食堂無料でご飯を提供する形でした。
今、このこども食堂という動きが全国で広まっています。
ここには経済的困難やひとり親世帯で食事の支度がままならないといった様々な事情のあるこどもがやってきます。
厚生労働省の発表では平均所得の半分未満で暮らすこどもの割合は16、3%であり、これはこどもの6人に1人が貧困状態にある計算になります。特に大阪はこどもの貧困率全国2位という状態で、こどもの貧困率は上昇傾向にあります。
つまりこども食堂とは、ご飯と通じて家庭と学校以外の居場所を作り、こどもの成長を支援する場です。
 
 
 
 
 

行ってみて 

ぼくは調理のお手伝いをさせていただきました。
今日のメニューはこれです。

f:id:thuglife0215:20160525034510j:plain

いつもは17時半から18時半にかけてこどもがやってくるのですが、今日は暑かったからでしょうか、こどもは早くにやってきており、「お腹すいたー」と口々に言っていました。
中には、我慢ができずお菓子を食べてしまい怒られる場面もありました。
今日は学校の先生も来ていただけるそうで、こどももご飯まで元気いっぱいにはしゃいでいました。
 

f:id:thuglife0215:20160525034916j:plain

 

f:id:thuglife0215:20160525034934j:plain

 

f:id:thuglife0215:20160525034956j:plain

 
お米は20合とかです。
約20食準備するので、すごい量ですね。
 
 
19時頃からは大人(中学生)の時間です。
部活の終わった中学生が続々と来始めます。
小学校が同じだからか、地域柄なのか、小学生も中学生を仲良く過ごしていました。
小学生、中学生、大人の交えたいい空間でした。
 
 
食事の写真をあげたいのですが、個人情報の関係であげられません。
ボランティアも募集しているので、気になる方は是非参加してみて実際の空気を肌で感じてみてください。
 
 

感想

今回でぼくが参加したのは今回で2回目なのですが、改めて素晴らしい事業だと思いました。
ここに来るこどもたちの「貧困」という課題は彼らに原因があるのでしょうか?
親の責任と考える人もいるでしょう。それも一つの考え方としていいと思います。否定なんて出来ません。
しかし、親の責任だからといって、小学生や中学生も貧困に耐えなければならないのでしょうか。
日本は「自己責任」という言葉による圧力が大きいです。
自己責任。それはわかりますが、子は親を選べません。
親の責任を子も背負わねばならないのでしょうか。
「自己責任」という言葉を背負わすには、ここに来るこどもには早すぎます。
こどもは宝です。こどもは未来です。
子どもの成長、貧困を子どもに背負わすのでなく、地域・社会で支えようとするこうした動きがもっと増えると、笑顔が増えることになると思いませんか?
 
 
子どもを笑顔にしたい。
 
では
 
 

f:id:thuglife0215:20160525035320j:plain

 
 
ご寄付いただける場合は、こちらまで宅配便等でお送りください。 
★2016年4月移転しました
宛先:にしなり☆こども食堂 
住所:〒557-0024 大阪市西成区出城2-5-9 パークコート1F(にしなり隣保館スマイルゆ~とあい内) 
電話:06-6561-8801 担当:川辺 
※賞味期限が明記されていて、未開封であることをご確認ください。 
※配送費用は寄贈者様ご負担でお願いいたします。